文字サイズの変更標準拡大
お問い合わせサイトマップ
いばらき農商工連携事業
 
HOME > いばらき農商工連携 > 茨城県の農商工連携事業の紹介 (有)クリアライズ

いばらき農商工連携

1.事業名

より健康に生産しより良質な、改良『いばらき地養豚』を使ったハムその他加工品の製造・販売


2.連携体

中小企業者

(有)クリアライズ(野菜作・果樹作サービス業)

農林漁業者

稲垣景、浅川宏(野菜作農業)

連携参加者

(株)ロックフィールド、シンジェンタシード(株)、日本金属化学梶Cヨシハラ農事(株)、片倉チッカリン梶A(独)日本原子力研究開発機構

サポート機関等

(財)茨城県中小企業振興公社、(株)常陽銀行、関東地域活性化支援事務局


3.連携の経緯

 泣Nリアライズは農産物の企画・生産管理・物流・販売等を行う中で、サラダ等の加工・販売業者である潟鴻bクフィールドに対して、更なる新商品の開発を提案。以前より取引のあった生産者と当事業について協力、連携を開始した。

 更に、新商品の高付加価値化のため、今まであいまいであった農産物の鮮度を数値化し明示していく仕組みを実用化するため、(独)日本原子力研究開発機構や日本金属化学鰍ニ連携することとなった。


4.連携の構図

クリアライズの連携構図


5.連携による効果

 有限会社クリアライズのメリットとしては,農林漁業者と一体となった新品種レタスの生産サイクルが確立され、開発期間において同業他社に対する優位性を高めることができる。また、野菜鮮度に関する独自の指標を消費者に開示することができ、新品種レタスに対する消費者の信頼が高まり、新品種レタスの消費増が実現できる。

 連携する農業者にメリットとしては新品種レタスを各連携事業者とともに試験栽培及び本格的栽培を行うことで、従来と比較して早期に市場投入ができるだけでなく、高付加価値商品の販売による収益向上につながる。

 また,連携での更なる効果として,連携参加者である(独)日本原子力研究開発機構や日本金属化学鰍ェ保有する呼気ガス測定装置を利用して、レタスから発せられるガスを測定業者や研究機関とともに測定・分析し、鮮度を示す明確な指標として加工・販売業者や消費者に向けて明示していくしくみを実用化し、レタスの付加価値をあげていく。


6.連携に当たっての課題や工夫

現在作成中


7.新商品のPR

 本計画において試験的栽培と市場投入を図る新品種レタスは、現状以下の4品種を検討している。いずれも日本における本格的な生産は行われておらず、非常に珍しい品種といえる。

赤チリチリ写真

赤チリチリ

原種ロメイン写真

原種ロメイン

RFチリチリレタス写真

RFチリチリレタス

RFチューリップ写真

RFチューリップ

  • よりシャキシャキとした食感がある。
  • 味に今までにないほろ苦さをもっている。
  • 見た目の珍しさや葉色の鮮やかさがある。
  • 1枚の葉にボリュームがあり、サラダに使用すると立体感が出る。
  • 葉の形状が複雑なため、ドレッシング等の味付けが良く絡む。

8.新商品の活用事例やおすすめ調理法など

現在作成中


9.これから連携を目指す方へのメッセージ

現在作成中


10.企業のPR

現在作成中



茨城県の農商工連携事業の紹介

飯島畜産菜香や

(株)Tedy(有)アグリクリエイト