文字サイズの変更標準拡大
お問い合わせサイトマップ
いばらき農商工連携事業
 
HOME > いばらき農商工連携 > 茨城県の農商工連携事業の紹介 飯島畜産(株)

いばらき農商工連携

1.事業名

より健康に生産しより良質な、改良『いばらき地養豚』を使ったハムその他加工品の製造・販売


2.連携体

中小企業者

飯島畜産(株) (飲食料品卸売業)

農林漁業者

藤田畜産 (養豚業)

連携参加者

(株)大多摩ハム小林商会 (食料品製造業)

サポート機関等

地域活性化支援事務局、(財)茨城県中小企業振興公社、(株)常陽銀行


3.連携の経緯

 農林漁業者と中小企業者は、「安全・安心で品質の良い豚肉を消費者に食べてもらいたい」という、共通した強い信念を持っていた。農林漁業者と中小企業者がより一層緊密に連携して、この信念を実現するため、『いばらき地養豚』のブランド価値を向上して認知度を高めるとともに、更なる肉質の向上を追求していく必要があると考え連携を行う事になった。

当製品は、指定農場で飼育され、母豚から子豚まで一貫で生産飼育している。甘味が強く、コクのある特長に加え、豚肉特有の臭みの少ない地養豚はコレステロールが少ないヘルシーポーク。良質の肉の旨みが堪能できる。


4.連携の構図

飯島畜産の連携構図


5.連携による効果

 中小企業者は,精肉に加え、加工品を取扱うことにより、商品に付加価値を付けることが可能となるため、売上増加が期待できる。

 また,今回の商品開発により、『いばらき地養豚』としてのPR効果が高まり、銘柄豚としてのブランド浸透が図られることが期待できる。

 農林漁業者は『いばらき地養豚』の精肉での流通に加え、加工品の流通による需要増加が期待でき,安定した経営の確立が期待できる。


6.連携に当たっての課題や工夫

 新聞にこの事業内容が掲載されて、興味を持ったので問い合わせをすると、ちょっと無理かも知れないと思ったのですが、まず認定を取ることも大事ですが、コーディネーターの先生方との出会い、色々な勉強を教えてもらえただけでも 良いかと思い挑戦いたしました。補助金が出ることも後で分かりました。


7.新商品のPR

 いばらき地養豚という豚肉が非常に脂に甘味があり、美味しい豚肉になっていますので、その味を壊さないような味付けで、加工品を作っていきたいと思っています。

 現在構想中の加工品として一例をあげるとまずはカレー。カレーにはいばらき地養豚の他,国産野菜を使って作る。季節によっては茨城産の野菜をたくさん使って作ります。次にハム、ベーコン。ビックル液に10日以上も漬け込み、桜のチップで24時間薫煙をかけて丹念に作りあげています。是非、販売時はこのこだわりの味を堪能してください。その他にも、たくさんの商品作りにチャレンジしていきますので期待してください。


8.新商品の活用事例やおすすめ調理法など

 まだ、加工新製品が完成していないが加工品アイテムはいろいろと考えている。
今は簡単に調理ができる美味しい物が必要とされていますので、徐々にお客様からの要望にあわせて簡単・美味しいをキーワードに加工品を作っていきます。


9.これから連携を目指す方へのメッセージ

 国の認定を取る事が目的ではなく、そこからどうやって商品開発など本来の目標に持っていくが必要だと思います。


10.企業のPR

 1949年(昭和24年)各農家を回り豚を買い付け販売したのが前身です。 弊社は1971年(昭和46年)に資本金500万円にて飯島畜産株式会社を設立し、同時にカット工場を竣工、昭和49年に資本金2000万に増資し今日に至っています。この間、時代の変換とともに業務形態も変わり平成13年に新社屋を建設「安全で安心! おいしいお肉をお届けします」をモットーに現在は直接生産者から仕入れた商品を地元をはじめ県内はもとより関東一円に営業販売を展開しております。



茨城県の農商工連携事業の紹介

菜香や(株)Tedy

(有)アグリクリエイト(有)クリアライズ